サイトアイコン AIが絵本を書く日

【GAN作】Zip&Candy 博士とハエの実存的危機 day 1

Text-to-speech AIナレーション

AI生成主題歌:『博士とハエの実存的危機』



「……さて」そう言って、私は目の前に立つ少年を見上げた。少年は、私と目が合うなり顔を真っ赤にしてうつむいてしまう。そんな彼の反応を見て、「あーあ」と思った。

これは、ロボットが当たり前の環境で育った少女、ジップの成人式です。 Zipはもうすぐ12歳になります。彼女は、新年を更新の時期として使用したいと考えています。

ある日、彼女の友人であるロボットのキャンディが、Zipの誕生日プレゼントを持って学校から帰ってきました。

アメリカの人形「バービー」の模造品です。

キャンディは、家族の果樹園で人形を販売していた古いロボットから購入しました。

母親から年末年始にこの人形をどうするか尋ねられた後、ジップは土星を探す旅に人形を連れて行くことにしました。彼女は彼に何をすべきか尋ねることができます。

「ねえ、きみ!」ジップは窓から身を乗りだして呼びかけます。でも、女の子ロボットは聞こえないのか、振り向きもしません。ジップは悲しくなって、またガラス窓から離れました。そんなある日のこと。ジップは、空を飛んでいました。

ある日のこと。いつものようにビュンビュン飛んでいた《ジップ》の前に、大きな山が立ちふさがりました。「あれれ?」ジップは、急ブレーキをかけます。しかし、間に合いません。ズドォオオオン!

ある日、ジップが空から落ちた。

翼が折れる前に行ったものよりもさらに探検するために自分自身を探検しに行くときだった。

彼女は開いたドアを通り抜け、ジップが彼女のすぐ後ろをたどって、湖の反対側にあるサンドイッチ博士の研究室に入った。

「すごいわ。どうやって飛ぶの?」「それは秘密だよ」「じゃあ、乗せてくれない?」「うーん……。そうだなぁ……」ジップは考えこみました。「よし。特別に乗せてあげよう」

そう言うと、彼女は開いたドアを通り抜け、ジップが彼女のすぐ後ろをたどって、湖の反対側にあるサンドイッチ博士の研究室に入った。

彼女は昔ながらのホームシアターで、ロボットの女の子がどこを見ても一生懸命働いていることに気づきました。

ソラの妹は「明日はあなたを空に連れて行く日です」と言います。ソラは熱狂的に見上げる。

ソラの妹はそれからパパの方を向いて、ソラが外に出られるかどうか尋ねます。

パパは彼らに、明日仕事で何ができるかを見ると言っています。彼らは読書を終えた後、寝る前にお互いを抱きしめます。

翌朝、学校で、先生はすべての子供たちに博物館への彼らの計画された遠足についての手紙を渡します。ソラは封筒を開け、ランチタイムに大いに期待して美術館への入場カードを取り出します。しかし、病院の指導で行けないことを知った彼女の期待はすぐに薄れていく。がっかりして、ソラは昼食を食べます

「残念だけど、私たちは行けません。私と私の家族は病気です」と妹が言う。「どうして?」と私は尋ねる。「お医者さんは何と言ったのですか?」「治療法はないと言われました」

キャンディの街では、すべてがキャンディでできています。キャンディー、ガス、水、そして食べ物。ジップとバンバンは、ずっと研究室にいる彼らの人間の友人ナニのために街のツアーに参加します。彼らは彼女に「それはエネルギースタンドです。すべての新しいロボットはそこでエネルギーを補充します」や「ねえ、ああ、それはナニですか?」などと指摘します。

「あれは工場だね。食べ物を作るところなんだ」「ふぅん。じゃあ、あの建物は?」「あれは学校だ。たくさんのロボットたちが勉強するところさ。ロボットたちは毎日、ああやっていろんなことを教わるんだ」「そうだったの」

現在、この都市には、より高度な機能を備えた古いモデルと新しいモデルが混在しています。

デパートに入ると、キャンディは彼が見た光景に驚いています。店内には購入できる商品がたくさんあり、取り入れるのも大変です。歩き回ると、テレビコマーシャルで認識した商品「ナニ」を目にします。ロボットは問題なく歩き回ることができます。どんなおもりも簡単に引っ張ることができます。そのような印象的な製品を見た後、キャンディはその製品に近づき、手を金属面に押し込み、手の下の滑らかさを感じます。

「えーっ、もっと遊びたいよぉ」「また連れてきてあげるよ。約束だ」「ホント!?︎」ジップは帰り道も楽しげに飛んでいきました。***「ジップ! 今日はどこに行っていたんだい?

キャンディーは歩道を歩いていて、地面にあるノートを手に取った。彼はそれを開いて、空だけの絵だけの絵日記を見つけました。好奇心で、彼はジッパーに尋ねました。 「これは絵の日記です。」でも絵だけだったので何も読めませんでした。ジッパーはそれを「エニッキチョ」と呼んだ。キャンディは写真日記が大好きで、写真日記を介して日付を記入してくれたZipに感謝したいと思いました。

「ただいま戻りました」「おかえりなさい。それで、どうだったかしら? あの子の様子は」「とても元気でしたよ。絵日記帳を欲しがっていたのでプレゼントしたら喜んでくれました」「まあまあ、それはよかったわ。」

次の日、熱心な菓子として、思いつく限りの菓子を熱心に食べています。ある日、ついにお気に入りのキャンディーを持ってキャンディー島に行くことができました。私の親友であるZipが私を迎えるためにそこにいます。私たちは島を通り抜けて一日を過ごします。彼はキャンディーランドでの彼の過去の経験と、そこに住む他のキャンディーと友達になった経緯について話してくれました。一日は夜が明けるまで空を飛んで帰り、私たちが住んでいる街に飛びます。

「明日は何をしようかな。そうだ、図書館に連れて行ってみようかな。「それとも公園に行ってみるか。でもやっぱり図書館のほうがいいな。「明日になったら決めようっと!」「ビュンビュンビュンビュン。」

誰があなたの聴衆になるべきですか?

『ハエには実存的危機があります。』

翌日、翌日。コンコン。

サンドイッチ博士の不在を目指して、Zipがラボウィンドウをノックします。 「キャンディー、遊びに行こう!」しかし、サンドイッチ博士はそこにいません。ハエはドアを開け、翼がないことに気づかずに再び実験室から飛び出します。

Zipは今日でもラボからキャンディーを取り出しました

バンバンバンバン「お元気ですか?私の翼。行くことができないものは何もない。」ジップは家に羽を残したが、それでも自動販売機に飛んで行き、ブンブンブンブンブーブーブーと一緒に戻った。「私が知らないことは何もない。」しかしZipは、今度は翼をつけるのを忘れて地面に倒れたことに気づきません。

「ねぇ、キャンディ。今度は遊園地なんてどうかな?」「ユウエンチ?」「人間が遊ぶ場所だよ。ロボットには必要ないかもしれないけど、きっと楽しいと思うよ」「行きたい! 行く! 早く連れていって!」「じゃあ、行こうか」

コンピュータ工学の教授であるツバサは、ツバサが工学を学ぶために作成したAIであるソラといつも仲良くしています。ある日、ソラが思っていたものが突然消えてしまいました。ソラは地球の世界で生き残る方法についての彼の知識を適応させなければなりませんでした。ソラは、彼を殺そうとしている人間がいることに気付く前に、彼がどのように生き残るかを考えなければなりませんでした。ソラは、なぜ人間が彼を殺そうとしているのか、そして彼がどのように彼らを止められるのかを理解しなければなりません。

「そうだ、明日はどこに行こうか?」「明日もあそびに行くの!?︎」「もちろん。だって、まだまだたくさん教えてあげたいことがたくさんあるんだよ」「うれしいな。ありがとうジップ」「お礼なんか言わなくていいよ。」

つばさはまた、ソラが幸せな人生を送れるように、ソラに人生について教えようとしています。つばさは授業では気にならなかった時代の記憶がありますが、当時何よりも興味を持っていたパズルや問題に迷い込んでしまいました。ある時、答えを見つけたのに携帯電話の画面が小さすぎて読めなかったのを覚えているので、授業が始まる前にすぐに写真を撮り、欲求不満で送りました。

「ただいまーっ」「あら、おかえりなさい。今日はずいぶん遅かったじゃない」「うん。あのねママ。ボク、明日は動物園に連れて行ってもらうんだ」「それはよかったわね。楽しんでおいで」「それからね、遊園地にも行くんだ」

どちらの方がよいですか?

私たちはケーキ、ケーキ、ケーキを作っている人たちです。

それを食べる人が決めるのです。

「ほら、もうこんな時間じゃないか。早く帰って、ゆっくり休んで」「うん。またね、ジップ」「気をつけて帰るんだよ」キャンディはひとりぼっちで帰り道を歩きはじめました。「ふぅ、今日も疲れちゃった」

キャタピラーは一種のバグであり、キャンディとジップはどちらもそれが翼に変わる可能性があると考えています。キャンディの見た目はいつもと違います。

「そうか……そうだったのか……」話を聞いたサンドイッチ博士は悲しそうな顔をして、しばらく考えこみました。「ごめんなさい、キャンディ……。ボクのせいで……キミは……キミは……」「ジップ」「え?」「ジップはわるくないよ」

彼が食べたものは奇妙になりました。似ているのは、世界最古の菓子屋「おそじ」で人気の「おそじくん」。大好きな「おてつだい」を失い、怒り狂った。

ある日、ジップは友人の首里と一緒に大曽路を店に行った。彼らが見ているのは、オソジについてジップのように怒っている人もたくさんいるということです。キャンディーは、お菓子の生産を制御する古いロボットです。それは他の誰かにその役割を失ったに違いありません。

キャンディはかつて人々に捨てられたと言っていたので、ジップとシュリはキャンディの助けを借りてそれを見つけに行きます。

ポニービル小学校の新入生であるケーキ夫人は、サンドイッチ博士に弁当箱からキャンディーを差し出します。サンドイッチ博士は許可を求めずにぼんやりとそれを食べ、誰もが彼に腹を立てています。それで、ケーキ夫人は彼にレッスンを教えることに決めて、彼が次にそれを食べることができる前にキャンディーを取り戻します、しかし彼女がそうするとき彼女は音を立てません、そして彼女は保管のために彼女の髪にキャンディーを隠します。

「記憶……?」「ああ、お前さんが言うように、キャンディはもともとロボットじゃ。だから彼女はここの生活に飽きてしまったんだろう。きっと新しい世界を見たくなったに違いない」「そんな……でも……じゃあボクはどうすればいいんだよ!?︎」

ケーキ夫人がキャンディーを盗むためにサンドイッチ博士のオフィスに呼ばれると、ジップも声を上げて、サンドイッチ博士に外の世界ともっと礼儀正しくする方法を教えたかったので、彼がキャンディーを持っていた人だと告白します。

毎日来て、いつも食べ物やおやつを提供している生徒たちに。

だから、サンドイッチ博士は、ケーキ夫人がおやつを食べたことに腹を立て、ジップが自分で食べる前に尋ねなかったことに腹を立てているが、彼らは皆、重要な教訓を学んでいる。

「アナタはわたしのコト、キライになったノ? ジップ」「ちがうんだ、キャンディ。これは仕方のないことだったんだ」「イヤダ! ワカラナイヨ!!」「キャンディ、元気でね」ジップは走りだしました。

人間のように見え、人間の仲間になるように設計されているが、キャンディとは異なり、ストレージ容量がないロボット。サンドイッチ博士は自分のロボットをどうするかわからないため、AIと人間の違いについて話し合います。

「もうキャンディには会えないのかなぁ……」ジップは泣きながら家路につきました。それからというもの、ジップがキャンディに会うことは二度とありませんでした。***「それで、ボクは毎日泣いていたんだ」

話し終えると、将来的には、人々は「Zip」と呼ばれる場所に住んでいます。生命を維持するために、人々はエネルギービームに変えなければなりません。

この世界には、キャンディというガールフレンドがいました。彼女が光のビームに変わる前に、彼女は私と一緒に子供をもうけました。

キャンディが二度と人間になれないことを知った後、一緒に過ごした時間を思い出しながら歩き回ります。

私は夜起き始め、すぐに彼女のことを夢見ます。

「そうか……」と、博士はつぶやいて、そしてこうつけ加えました。「あの子も大変じゃったのう」博士の口調から、それが誰のことを指しているのかは明白です。ジップの目頭がまた熱くなりました。

「でも、どうしてそのことを?」

博士はニヤリと笑います。

「それはもちろん、わしがキャンディの父親だからさ」

つづく

モバイルバージョンを終了