MENU

【GAN作】えんとつ町のプペル 夢見るキルシャとAIの星 day 3

Text-to-speech AIナレーション
Voiced by Amazon Polly

AI生成主題歌:『夢見るキルシャとAIの星』

物語は変化し始めました。

それぞれのモンスターには、独自の個性、個性、知性がありました。

ごみ収集員の言葉で、彼らは一斉に笑った。

しかし、それはモンスターを怖がらせるのに十分ではありませんでした。

再び人間に拒絶された後のある夜、ゾンビは何をすべきかを争いました。

結局、彼らは皆決心し、ゴミの山を永久に捨てることに決めました。

彼らから盗まれた彼らの人生の価値を取り戻すために、一緒に人類を攻撃しました!

「バカにするんじゃないよ! この世に生きているものはすべてゴミなんだ!」すると、バケモノたちもいっしょになって笑いだし、そのうちのひとりがいいました。

「そんならお前もゴミじゃねえか。だって、こうして俺たちとおなじようにしゃべってんだから」

「……たしかにそうだね」「それなら、お前も仲間だ。これからは一緒に暮そうぜ」

こうしてゴミ人間はバケモノたちのなかまになりました。

-モンスターは、人間の悪い習慣によって引き寄せられたゴミの匂いに引き寄せられます。

-男の子もゴミに惹かれますが、好奇心や怪物になりたいという欲求からではなく、人々を助けたいと思っているからです。

-通りを歩いていると、多くの嫌な光景が見えます。そのうちの1つは、彼女の呪文を練習しようと懸命に努力している魔女です。その少年は彼女に気分が悪く、彼の援助を提供します。

人間のような生き物、魔女、フランケンシュタインの怪物、ゾンビはすべて彼らが誰であるかを否定しますが、彼は最終的に彼らの本当のアイデンティティを収集します。魔女は猫のような顔をした老婆です。フランケンシュタインは穏やかな巨人であり、ゾンビは死んだことのない人です。

真夜中過ぎ、ゴジラだけが残っています。

キルシャは慌てて、口を押さえて俯いた。――何考えてるの私……! これじゃあ私が、まるで『桃太郎』を気に入ってないみたいじゃない!「えっと……」困ったようなピューペルの声を聞きながら、私はそろりと顔を上げる。「ごめんなさい……。少しぼぅっとしてました……」「そう?大丈夫?」心配そうな顔をするピューペルに申し訳なく思いながらも、曖昧に笑って誤魔化した。

彼女はゴジラが彼らの過去と彼らが実際に今何であるかについて彼らに話しているすべてのゴミ人間の上に眠っているのを見つけます。「こうしてたまに会いに来てくれれば父ちゃんは嬉しいんだ。」遠くから声が聞こえた。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

A.I.パイロット:田中 恒平
A.I. Writing Laboの研究員。
どんな絵本もGAN・GPT-3・Text-to-speechでAIに変換。

コメント

コメントする

目次
閉じる